2009年02月21日

日々の勉強への意識

日々勉強することというのはやはり人間大切なもので、どこまで行ったからそれで自分はもうこれからの将来安心して生きていけるということはないもので、自分がレベルアップをしたとしても必ず競合相手というのもレベルアップをしてくる物ですから、いつまでも安泰ではないわけですよね。こういうことを考えるとビジネスの世界の中で生きていくというのは本当に大変ですね。

まあそういった切磋琢磨の中で世の中が進化していっていろいろな製品が生まれたり科学が発達したりしているのでしょうけど。私のようにまだまだ努力が板についていない人間にとっては今のインターネット社会の目まぐるしくスピードには、ちょっとついて行けない感じもあります…

先日も格差社会について書かれた本を読んだのですけども、現在の格差社会の原因となっているものについて私はその過程の教育レベルがどの程度にあるかということがそれを決めているというように感じています。必ずしも先代がお金持ちで、その恩恵を受けて2代目も金持ちになっているということは結局は続かず、今のような実力がないと生きていけない時代になってくるとちょっとぐらい資産を持っているということぐらいでは全く安泰ではないですよね。

私の過程は裕福な方ではないということもあるので、こういった先代からの貯蓄で何とかなるという意識自体が最初からありませんので、きちんと勉強していかなければいけないなというように意識を持てているわけですけど、それでもやはりもうちょっと家がお金持ちだったら楽だったのかなあ…などと思ったりすることもあります。

まあそういうことを言ってしまえばキリがありませんので、自分自身が努力を継続することをしていてきちんと実力を身につけたときにそれが初めてしっかりした貯金になるのだなということを思います。貯金というのはお金もそうなのですけども自分の実力という貯金が何より安心できるものになるだろうと思います。
posted by ゆみ at 22:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。